書籍「ベビーサイン」(毎日新聞社)の商標登録侵害について

 729日一般社団法人 日本ベビーサイン協会より次の2点について商標権侵害との文書が送られてきました。

 内容は よちよち手話講座において

   ① 毎日新聞発行の書籍「ベビーサイン」を講座のテキスト

    として使用禁止

  ② 本の写真(表紙のタイトルが載っている写真)の使用禁止

  

2008年3月7日商標登録 ベビーサイン協会が「ベビーサイン/

         BABY SIGNS」を商標登録したことは

         承知しております。(出願は2005/10/2

2004930日「ベビーサイン~グーとパーだけで赤ちゃんと会話」を毎日新聞社より出版しました。

         (自費出版は20043月で商標登録日の4年前)

 

20072月 毎日新聞社に協会より商標権侵害により販売中止の

     文書が送られましたが、会社より「単行本のタイトルに

     は商標権は及ばない」旨の返答がありました。

   返答の抜粋「・・・書籍の題号については内容を表示したものであり、商標の独占的権利は発生しないと理解しております。当該の小社刊行物についても商標権の効力の及ばない題号であると認識しております。・・・」

 

 「ベビーサイン」の文字を使うことは当然止めましたが、本に関

しては2004年の発行時からHPやブログなどにテキストとしてや写

真も掲載しております。また上記の2007年の返答のこともあ

り、今まで一度も協会からの指摘はなく、今回初めて商標権侵害の

文書に困惑しております。

  

もともとこの本はテキスト用ではなく、手話通訳者であった私が日

本の手話を広めたいとの思いで作ったものです。新聞に紹介された

とき「孫がこれで手話を覚えてくれたら孫と会話ができる!!」と

一番にろうの方々が喜んでくださったことも私の背中を押してくれ

たことの一つです。

 

毎日新聞発行のこの本に関してはアマゾン、楽天ブックス、書店等

で購入できます。

 

生活支援サイン(ベビー用)講師の皆様へ

 今回も協会の指示通り、本の名前と写真を削除することにしまし

た。

また皆様のHPやブログなどの掲載もご迷惑をおかけすることにな

りますので一度削除させていただきます。(保存はしてありますの

で掲載希望の方はお手数ですがご連絡ください)

 

講師の皆様には、またまたご迷惑をおかけすることになり、お詫び

いたします。

 

ご質問、お問い合わせ先    NPO法人 生活支援サイン

             baby-si@xj.commufa.jp

 

 

 

2017年

8月

16日

よちよち手話のアルバム

 

 

 

 

 

NPO法人生活支援サインの講師のみなさんへ
 下のFB(NPO法人生活支援サイン)のアルバムに掲載した写真はご自分のブログ、Fb、チラシなどに自由にお使いください。

 

https://www.facebook.com/seniorsign/

2017年

8月

07日

お知らせ 毎日新聞社出版の本について

お知らせ
7月29日一般社団法人 日本ベビーサイン協会より次の2点について商標権侵害との文書が送られてきました。
内容は よちよち手話講座において
① 毎日新聞発行の書籍「ベビーサイン」を講座の
                 テキストとして使用禁止...
② 本の写真(表紙のタイトルが載っている写真)の使用禁止

2008年3月7日商標登録 ベビーサイン協会が「ベビーサイン/BABY SIGNS」を商標登録されたことは私どもも承知しております。(出願は2005/10/2)

2004年9月30日「ベビーサイン~グーとパーだけで赤ちゃんと会話」を毎日新聞社より出版しました。
  (自費出版は2004年3月で商標登録日の4年前)
2007年2月   毎日新聞社に協会より商標権侵害により販売中止の文書が送られましたが、会社より「単行本のタイトルには商標権は及ばない」旨の返答がありました。
  返答の抜粋「・・・書籍の題号については内容を表示したものであり、商標の独占的権利は発生しないと理解しております。当該の小社刊行物についても商標権の効力の及ばない題号であると認識しております。・・・」

 「ベビーサイン」の文字を使うことは当然止めましたが、本に関しては2004年の発行時からHPやブログなどにテキストとしてや写真も掲載しております。
また上記の2007年の返答のこともあり、今まで一度も協会からの指摘はなく、今回初めて商標権侵害の文書に困惑しております。

もともとこの本はテキスト用ではなく、手話通訳者であった私が日本の手話を広めたいとの思いで作ったものです。新聞に紹介されたとき「孫がこれで手話を覚えてくれたら孫(聴者)と会話ができる!!」と一番にろうの方々が喜んでくださったことも私の背中を押してくれたことの一つです。

毎日新聞発行のこの本に関してはアマゾン、楽天ブックス、書店等で購入できます。

生活支援サイン(ベビー用)講師の皆様へ
今回も協会の指示通り、本の名前と写真を削除することにしました。
また皆様のHPやブログなどの掲載もご迷惑をおかけすることになりますので一度削除させていただきます。(保存はしてありますので掲載希望の方はお手数ですがご連絡ください)
講師の皆様には、またまたご迷惑をおかけすることになり、お詫びいたします。

ご質問、お問い合わせ先 NPO法人 生活支援サイン
             baby-si@xj.commufa.jp

(ご質問、お問合せ下さって、1週間たってもこちらより返答がない場合は申訳ございませんが再度お問合せください。)             

2017年

4月

05日

シニアサイン講座

 

シニアサイン講座

(名古屋市千種区・高見コミュニティセンター)

 

この講座もスタ-トして10年が経ちました。

 

今は少人数になりましたが、親の介護経験者と、同居している義母を介護中の人(3人います)の集まりです。当然介護の悩みなどの話になってしまいますが、サインの学習だけでなく、いろいろな知識、情報を得る場となっています。

 

同居している義母とシニアサインを使っている様子を紹介したNHKの「ホッとイブニング」や「みんなの手話」にも出ていただいたMさんの話です。

 

今は認知症になってMさんのことも分からなくなっている状態ですが、先日Mさんが自分の名前の「さちこ」を自分の顔の前で、指で書いた(空書)ところ「さっちゃん?」と声で返してくれたとのこと。もう自分の名前を呼んでくれることはないと思っていたけど嬉しかった!・・・と。

 

「元気な義母さんと声で話すのも嫌な時もあったけど、そんな時声を使わずシニアサインだけで会話してストレスを少なくできたことで、いい関係がずっと続いています。」と嬉しい言葉を聞けました。

 

 

 

2017年

2月

16日

2月のやまぼうしの会

やまぼうしの会(2000年4月から始めた聴覚障碍者と高齢者の会です。
2月14日は寒い日でしたが、皆さんのおしゃべりは暖かい心がいっぱいのものでした。昼食はパンと野菜たっぷり入ったクリームシチュー。甘酒も。
 介護保険については何度も話し合いましたが、一人暮らしの90歳近い方が「日々の生活に身体も足も動かなくなって・・」とのこと。
「もう介護認定をうけたら」という話になりました。でも、「どこに行けばいいのか分からない」と。日頃、地域の包括支援センター主催の講座などに参加している方で、当然窓口など知っているものと思っていました。
介護については多くの情報が流れていて得ることは簡単にできると思っていますが、高齢者本人には届いていないこともあることを改めてみんなで考えさせられました。
0 コメント

2017年

2月

08日

シニアサイン講師養成講座終了

シニアサイン講師養成講座が終わりました。

今回は大阪から介護の仕事に携わっている人、名古屋から手話を学んで介護施設で話す予定のある人と、介護の場で使っていただける方の受講でした。

手話は手話を学んだ人としか使えませんが、シニアサインはもっと広く手話を知らない高齢で耳が聞こえにくくなった人、病気で聞こえにくくなった人、難聴者の方々、また耳は聞こえるが声での会話が困難な子どもたに広く使っていただけるコミュニケーション手段です。

このことをしっかり理解していただき、今後音声言語でのコミュニケーションが難しい方々に心豊かな笑顔のある会話を広めてくださること期待しております。

受講ありがとうございました。

0 コメント